ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第9回「エレベーターにのって」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

今回の解説、すごく長くなりました。
この曲、作詞の際には、語り過ぎないように気をつけていたのです。
なので、本当は解説などするべきではないのかもしれません。
読んだ後、曲の印象が変わってしまう恐れもありますし。

でも、いざ解説となると、ついつい詳細に語りたくなってしまうわけで。。。
「それでも読んでみたい」という人にだけ読んで頂けたら、と思います。

■エレベーターにのって

アルバム中、おそらく最も異色な曲。
悲しく、そして色彩感に溢れた夢だったので、
曲のほうも、自然にそういった感じになりました。
他の曲は、遊び心やアホらしさ、かわいさなどを必ずどこかに盛り込んでいるのですが、
この曲にはそれがありません。
というか、入れる余地がなかったのでした。





生きていくことに疲れ果て、
世の中の全てのものが嫌いになってしまった少年。
そんな「僕」が唯一救われる場所は、秋の公園でした。

紅葉した木々に囲まれ、そこら中に赤い葉っぱが落ちているのですが、
その中の、ひときわ沢山の葉っぱが積もっている場所に、
なぜか古びたエレベーターが設置してありました。
使われている形跡も無く、色褪せた感じでしたが、
まだ電源は通じているらしく、階数表示の「1」のところがオレンジ色に光っています。

そのエレベーターを見た瞬間、ふっと心が楽になるのを感じました。
初めて見たはずなのに、まるで昔からの友達に会った時のような感覚。
そのとき、エレベーターが僕の心に語りかけてくるような感じがしました。
「やっと出会えたね、僕も世の中がイヤになってしまって。
新しい世界へ行きたいんだけど、誰かがボタンを押してくれないと、自分独りでは動けないんだ。
だから、君がボタンを押してくれないかな?」と。

迷うことなく僕はエレベーターに乗り込み、地下1階のボタンを押しました。
その階は、「僕」以外の全ての人々が消え去り、新しく生まれ変わる世界。
イヤなものが全て無くなり、全てをやり直せる世界。
誰に教えられた訳でもなく、そのことは分かっていました。
「これに乗れば、理想の世界へ行ける。
このエレベーターも、きっと、そこへ一緒に行きたいんだ」
そのときは、そんな勝手な思いを抱いていました。

動き出すエレベーター。
機械の振動音を感じながら僕はワクワクし、静かな旅を楽しんでいました。

しかし。

しばらくそうしていた後、行き先のランプがふっと消え、
別の階(10階だったか20階だったかは定かではありませんが)のランプが点灯しました。

僕は焦りました。
なぜならその階は、「僕」以外の人々が生まれ変わる階ではなく、
「僕」の存在だけが消えてしまう階だったからです。
そして、一度そこに着いてしまうと、もう帰ることはできません。
(これまた、誰に教えられた訳でもなく分かっていました)

「どうして!?」と僕は叫びますが、
エレベーターは黙ったまま、何も語りかけてきません。
動き続けるエレベーター。
降りていっているのか、昇っていっているのか、よくわからない感覚。
でも、そうしているうちに、僕にはエレベーターの気持ちが分かってきました。

そうか、君は自分の存在を消してしまいたいんだ。
僕以上に傷ついていて、もはや何の希望も残ってはいない君。

彼と僕は、今や一心同体。
僕が消える世界に行けば、同時に彼も消えることになる。
自分では叶えられない望みを、僕を利用して叶えようというわけか。
僕の存在を消してでも、自分が消えてしまいたいという望みを・・・。
なるほど、そのチャンスをずっと探していたんだね。

裏切られたような、少し切ない気持ちになりましたが・・・。
ようやく出会えた心を許せる友達、その彼の理想を叶えてあげられるのは僕しかいません。
それならば、と、僕は心を決め、彼の決めた行き先に、一緒に付いていくことにしました。

それからどのくらいの時間が経ったかはわかりませんが、
どこかとても遠い場所に向かっていることだけは分かりました。
お互い一言も言葉を交わすこと無く、ただ静かな時間だけが流れていきます。
最後の瞬間に向かう、不思議と満たされた感覚。

そして、ついにエレベーターの振動が止まりました。
ゆっくりと開くドア。
まぶしい白い光が差し込む中、僕とエレベーターは細かい粒子状になって、
光と共に四散していき・・・
そのとき、僕は自分が涙を浮かべていることに気が付きました。
後悔なんてしていない、でもなぜこんなに悲しいんだろう・・・





と、ここで覚醒。

赤い落ち葉の鮮烈な色彩、エレベーターの感情、
そういうものが目覚めた後もどどっと押し寄せてきて、
布団の中でしばらく動けませんでした。

そして、四散したと思われた自分の体がまだここにあることを噛み締め、
この夢は絶対に覚えておかねばならないという、
使命感のようなものを感じていました。
起床後、すぐに歌詞が出来て、曲もアレンジも一日とかからずに仕上がったのですが・・・。

ぱっちりひつじの楽曲として成立させるにあたっては、かなり苦労しました。
メンバーにデモを聴かせたとき、ひつじE:ゆう から言われた言葉。
「この曲に、男ボーカルを入れる余地は無いよ」と。
ツインボーカル編成のバンドとしては、それで大丈夫なのか?と思ったわけです。
曲調もシリアスだし、そのうえ編成まで違うなんて、と。

でも、ひつじD:きょうせい の「気配で参加したら良いんじゃないかな?」という案で、
全てが解決しました。

もの言わぬエレベーター。
その役をひつじEにやってもらう。
歌うのではなく、ただ静かに呼吸している音をマイクで拾い、
その音をこっそり混ぜ込む。

そんな手法をとったわけですが、これがかなり功を奏しました。
ヘッドフォンで聴いても分かるか分からないか程度ですが、
入れる前と後では明らかな違いがあって、ミキシング作業中にはだいぶ興奮していました。
ちゃんと、ぱっちりひつじのメンバー全員で作り上げた楽曲として
成立させられたんじゃないかなと思います。

あと、場面展開に合わせてボーカルのマイク距離を調整し、
主人公である「僕」の存在感に強弱をつけたりと、
レコーディングの際にもいろいろ実験してます。

・・・とまあ、色々書きましたが、
この曲に関しては、ただ静かに情景を思い浮かべてじっくり聴いて頂きたいなと思います。
何かしら、この物語が聴いてくれた人の心に残ってくれたら、本当に嬉しいです。

ひつじAによる全曲解説:第8回「あみずし」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

今年も残りわずかですね。
楽曲解説も残りわずかです。
今回は、おすしの歌。

■あみずし

この曲は、2003年に見た夢を元にしています。
こんなしょーもない内容の夢を果たして曲に出来るのかと、
最初のうちはあまり自信がなかったのですが、
やってみたら意外と大丈夫でした。

「あみずし」というのは、銀シャリに網が巻かれただけの、巨大なお寿司のことです。
僕はその時とてもおなかが減っていたので、
怪しいなぁと思いながらも、この得体の知れない「あみずし」を食べようとするのですが・・・

生臭い網の部分をどうしても噛み切ることが出来ません。
そもそも、網ごと食べるほうがオカシイということに気付いた僕は、
網をはずそうとするのですが・・・
いつのまにか横に立っていた猟師風のオッサンに「網ごと食え」と説教され、
くちびるを切りそうになりながら、涙をこらえて「あみずし」にかぶりつくという・・・

なんだったんでしょうねぇ、この夢は。
目が覚めた時に掛け布団をモシャモシャと噛んでいたので、
とりあえず、相当おなかが減っていたのだろうとは思いますが。

歌詞の内容的に、「失笑」タイプの曲になることが明白だったため、
それと対比させるべく、アレンジ面では敢えてスタイリッシュな方向性を目指しました。
メカニカルなベースラインと、淡々としたギターリフ、
そして、2分ちょっとでさらりと曲が終わる構成、みたいな。

ひつじF:とよでぃ のゴリゴリのベースを始め、
リズム隊の頑張りによって、凄くカッチリしたビートの曲になったのですが・・・
ひつじD:ゆう の発案による「Aメロは鼻をつまんで歌う」手法のせいもあり、
歌が入ってきた途端に出オチ、みたいな結果に(笑)
この曲も、バンドメンバーそれぞれのアイディアのおかげで「化けた」タイプですね。
ちなみに、曲の終わりの「うぇっぷ」は、
ひつじC:ちさる の声を加工したものです。

あとは、この曲もアートワークが見所。
夢で見たまんまの、あまりにリアルな「あみずし」の絵が届いた時にはホントに驚きました。
ひつじB:くうかんきんぎょ に絶賛の言葉を送ったところ、
「むふふ、なまめかしいでしょ?」との返事が。
きんぎょ君よ、寿司に一体どんな思いを込めたんだ(笑)

ひつじAによる全曲解説:第7回「かみのけがとれた」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

さてさて、今回の解説は、割とポップなこの曲。

■かみのけがとれた

僕は、歯が抜ける夢をよく見るほうです。
何やら口の中がモゴモゴすると思ったら、ごっそりと歯が抜けているという。

そういう展開になりそうな時というのは、夢を見ている最中にもなんとなく分かるのですが、
2011年のある日、全く予想できない新たなパターンの夢を見てしまいました。
それがこの夢です。

洗面所で顔を洗おうとしている僕。
そのとき、ふと違和感を覚えます。
「なにか、もみあげのあたりがおかしい・・・!」
そう、鏡を見ると、もみあげの部分に、妙な隙間が空いているのです。

その隙間に指を入れてみると・・・。
ヌトッ。
イヤな感触を覚えました。
もはや悪い予感しかしませんでしたが、勇気を出して、ぎゅっと持ち上げてみると、なんと。
髪の毛が、まるでカツラのように、すぽっと外れてしまったのです。
そして、指には青いペンキがドローッと。

恐怖とショックで我を忘れた僕は、色々と試行錯誤を繰り返し、
なんとか髪の毛を戻そうとしますが、戻りません。
あまりのことに涙が出てきましたが、
それもまたドロッとした青い涙で、危うく卒倒しそうに。

そうこうしているうちに、いつものイヤな感覚を覚えました。
・・・口の中がモゴモゴする。
そして、ベッと吐き出してみると・・・(以下略)

・・・

いやー、ほんとにイヤな夢ですね。
幼い頃の僕は、ブルーレットの青い水が怖くて怖くて、
軽くトラウマになっていたのですが(今もかも)、
そんな事も影響した夢だったのかもしれないなぁと思ってます。

曲にするにあたっては、イヤな気持ちを吹き飛ばすべく、
思い切りアホらしくしてみました。
ボーカルのひつじC:ちさるちゃんは、この曲がやけに気に入ったようで、
「すぽっ」や「ブクブクブクッ」などの部分を妙にこだわっていまして。
結果、実にアホらしくリアルな「すぽっ」や「ブクブクブクッ」が録れました。
こういうのをやらせたら彼女の右に出る者はいないなぁと実感した次第。

あと、見どころは、ひつじAの恐怖心を完全に描き切ったアートワーク。
ポップな曲調にそぐわないホラー絵ですが、
なにやら感動してしまったので、一発OKを出しました(笑)

ひつじAによる全曲解説:第6回「ヘイシロガイとヘイクロガイ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

さてさて、楽曲解説コーナーもいよいよ後半戦へ。
ここからは毎週更新で行きます!
今回は「ヘイシロガイとヘイクロガイ」。

■ヘイシロガイとヘイクロガイ

作曲、レコーディング共に、かなりの難産だったこの曲。
演劇チックでコミカルな雰囲気もありますが、悪夢を元にしています。
ヘイシロガイとヘイクロガイという2匹の貝にもみくちゃにされる、
「海に落ちた一人の男」とは、僕のことです。

噛み付くことで腕の細胞が膨張させ、肉を細長く伸ばすヘイシロガイ。
逆に、腕の細胞が陥没させ、ぽっかりと穴を開けてしまうヘイクロガイ。
2匹は互いに敵対する関係で、
自分の力を誇示するために、海に落ちた獲物に何度も噛み付き、
やがては獲物を死に至らしめます。

そんな彼らの格好の餌食になってしまった僕。
腕の肉は伸び、そして穴が開き、
痛みに耐えながら必死で抵抗するも、やがて意識は遠くなり、
叫ぶことすらできなくなった僕は、ぐったりと海の中で力尽きたのでした。

・・・

そんなわけで。
悪夢感を高めるべく、意識的にメタリックなアレンジを目指してみたのですが、
2匹の貝を演じるボーカル二人のユーモア溢れる歌唱もあり、
思ったより聴きやすい曲になった気がしています。

録音に関しては、楽器隊全員がヒィヒィ言ってましたね・・・。
ウラ拍重視のややこしいフレーズのユニゾンあり、ポリリズムあり、唐突な転調あり・・・。
「ちょっと凝り過ぎたかなぁ」と反省したりもしましたが、
無事に仕上がってホッと一息。

「メタリックなGENESIS」を意識していたのですが、
なんだかんだで「コミカルなDREAM THEATER」になったような。
まぁ、楽器隊全員、昔からDREAM THEATERをよく聴いていたので、
当然の成り行きではあります。

こだわった部分の話をすると、「ちくっちくっ」の部分のパンニング。
物語の展開に合わせて、ボーカルの左右配置を変えていたりします。
終盤、勝敗が分からなくなる箇所では、
ヘイシロとヘイクロが左右に行ったり来たり。
ぜひヘッドフォンで聴いてみてください。

あと、この曲では、珍しくボコーダー(シンセを声のように鳴らすやつ)を使っています。
2匹の貝を主役として際立たせたかったので、
「海に落ちた一人の男」は、思い切って人間味を消してしまおうと。
鍵盤を押さえながらマイクに向かってブツブツと「ぎゃあっぎゃあっ」とか喋っている時は、
ちょっと変なテンションになりました。

ひつじAによる全曲解説:第5回「キノコがはえたら」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

今回の解説は、「キノコがはえたら」。
寒くて乾燥した冬にうってつけの、
じめじめとモイスチャー度の高い1曲です。

■キノコがはえたら

メタル要素の少ない、ちょっと浮いた感じの曲ですが、
実はこれ、10曲のうちで最も古く、
「夢を歌にする」というアイディアを形にしてみた最初の曲だったりします。

これができた当時は、ロックバンド形式でやる予定は無く、
ちょっとしたお遊び企画のつもりだったんですね。
で、ひつじD:きょうせい君に試しに聴かせてみたところ、妙に気に入ってくれまして。
そこから色々と盛り上がり、バンドメンバーを集めてアルバムを作ろう、
という計画がどんどん現実化していったのでした。
そういう意味で、ぱっちりひつじ結成のきっかけとなった曲と言って良いかもしれません。

元になっている夢は、
部屋の中に少女が一人で引きこもっていて、
その部屋の中で育つ、1本のキノコの成長を楽しみに待っているというもの。
夢を見ている「僕」はその場には登場せず、第3者的にその様子を見守っています。

その少女はとても孤独で、
育っていくキノコに対して強い愛着を持ち、
やがてはそれを食べることでキノコと同化し、
自分が生まれ変わるのだと考えていました。

すくすくと育っていくキノコ。
ところがある日、大量のキノコが、一斉に、そして急激に生え始めます。
少女が気付かぬうちにキノコの胞子は部屋中に充満しており、
それが一斉に育ち始めたのでした。
みるみるうちに部屋の中はキノコで埋め尽くされ、
少女は叫び声を上げながら、慌てて部屋の外へ逃げ出します。

・・・

とまぁ、こんな怪しい内容の夢ですが、
「引きこもりの少女がようやく外界へ出て行く物語」として捉えることもできるなぁと思い、
あまり気持ちの悪い曲にならないように心がけました。

大量のキノコが生えてくるシーンでは、
ひつじE:ゆうに、キノコの胞子役をやってもらいました。
変幻自在の声で、胞子の音を出してもらっていますが、
これも、なるべくかわいい感じで演じてもらってます。

また、デモの段階では全体的にもっと淡々としていたのですが、
エフェクティブなベース、ギターによる効果音の数々、ドラムの多重録音など、
各メンバーによる様々なアイディアが組み合わさり、今の形になりました。
そういう意味で、非常にバンドらしい作り方ができたなぁと思っています。

終盤のマーチ風のスネアがゆっくり左右に移動するのは、
ひつじD発案による、某プログレ名曲へのオマージュ。
アルマジロ、平清盛と言えばきっと伝わるかと。

最後に、アートワークについて。
ひつじB:くうかんきんぎょの作品としては、かなり珍しい感じだと思います。
なにしろ、常日頃「人物を描くのが苦手だ」と語っているのに、女の子を描いているという。
ミーティングの折には、アイディアという名の妄想が膨らみ、
色々とヤバイ話で盛り上がりましたが、
あえてここでは紹介しません(笑)

ひつじAによる全曲解説:第4回「むらさきのみず」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

少し間があいてしまいました。
今回は、試聴動画の第1段になった「むらさきのみず」です。
物語性の強い曲のため、解説も長くなってしまいました。

■むらさきのみず

「暗い」と評判の(?)曲です。
たまに、「放射能問題の歌?」と質問を頂くこともありますが・・・
小学生の頃から何度も見ている悪夢を元にしているだけで、
何の社会性もメッセージもないです、なんか、すみません。

・・・

夢の中での僕は、隣町にある公園で一人で遊んでいました。
夕方近くになり、もう帰らなければ思い始めた頃、ふと気が付きます。
「あれ?自分の家にはどう帰れば良いんだろう?」

迷子になったことに気付くと同時に、急にノドが乾き始めました。
水を飲もうと、公園にある水道の蛇口をひねると・・・
そこから出てきたのは、毒々しい紫色の水。
いつのまにかポツポツと雨も振り出しましたが、それも紫色。
紫色に染まった公園の中で、僕は不安のあまり泣き出しそうになりました。

そのとき。
目の前に、見慣れた階段が現れます。
それは自分の住んでいる団地の戸口でした。
地面を流れる紫の水が、どんどんその中に吸い込まれていきます。
この階段を上れば、4階にある自宅へ戻れる。
そう感じた僕は、
一抹の不安を感じつつも、階段を上ってみることにしました。

階段を上る僕。
1階、2階、3階と上っていくのですが・・・
なぜか4階がありません。
3階の次が5階になっていて、自分の家など影も形もないのです。

あまりのショックにしばらく呆然としていた僕ですが、
ふと気付くと、下のほうの階から、何やらザワザワ物音がすることに気付きます。
降りてみると、階段の踊り場で、なぜか僕の両親が結婚式を挙げていました。
しかし何かが変です。
よく見ると、母親がタキシードを着て口ひげをはやし、
父親がドレスを着て口紅を塗っているではありませんか。
他の人たちは意味の分からない言葉を喋りながら急に笑い出したり、暴れ出したりしています。

悲しく、そして気持ちが悪くなった僕は急いでその場から逃げ出し、公園へと引き返しました。
紫色の雨はずっと降り続いており、
もう、どうすることもできずに、一人でうずくまっていました。

・・・

とまあ、そんな夢です。
救いようの無いストーリーなうえ、大人になってからも全く同じ内容の夢を見るので、
正直自分でも気持ち悪かったのですが、
これを曲にしてからというもの、すっかりこの夢を見なくなりました。
音楽に変えてしまうことで、この夢を卒業できたのかもなぁと思ったりしています。

そうそう、この曲も色々と仕掛け満載なので、
ちょっと種明かしをしてしまいましょう。

「ぼくのいえは どこにあるの?」以降のインストパート。
これは、”5階建ての団地で、4階が無い様子”を表現しています。

ベースとドラムは5階建てを表すために5拍子を繰り返しているのですが、
その上にポリリズムで乗るギターは、
トップノートのFの音程が、5回、3回、2回、1回と登場するようになっています。
Fは、「FLOOR」のF。つまり、5F、3F、2F、1F、という具合ですね。
あとは、ちょっとした遊び心として、
ギターとハモっているオルガンは、FではなくBの音程を軸にしています。
これは、地下を表す「BASEMENT」とかけています。
ギターが地上、オルガンが地下という感じで、ここがどこなのかわからない、
不安な気持ちを表現しています。

他には、階段を上るパートのスネアの音にシンクロして、
「タッタッタッタッ・・・」という足音のSEがこっそり入っています。
作り手である自分でも聴き取れないくらいの音量なのですが、
有るのと無いのとではけっこう違うもので。
上っている感じがより強まったこともあり、
やって良かったなぁと思っている部分です。

それ以外にも、ストーリーに合わせてかなり綿密にアレンジをしているので、
興味のある方は是非いろいろと解析してみてください。