ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第6回「ヘイシロガイとヘイクロガイ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

さてさて、楽曲解説コーナーもいよいよ後半戦へ。
ここからは毎週更新で行きます!
今回は「ヘイシロガイとヘイクロガイ」。

■ヘイシロガイとヘイクロガイ

作曲、レコーディング共に、かなりの難産だったこの曲。
演劇チックでコミカルな雰囲気もありますが、悪夢を元にしています。
ヘイシロガイとヘイクロガイという2匹の貝にもみくちゃにされる、
「海に落ちた一人の男」とは、僕のことです。

噛み付くことで腕の細胞が膨張させ、肉を細長く伸ばすヘイシロガイ。
逆に、腕の細胞が陥没させ、ぽっかりと穴を開けてしまうヘイクロガイ。
2匹は互いに敵対する関係で、
自分の力を誇示するために、海に落ちた獲物に何度も噛み付き、
やがては獲物を死に至らしめます。

そんな彼らの格好の餌食になってしまった僕。
腕の肉は伸び、そして穴が開き、
痛みに耐えながら必死で抵抗するも、やがて意識は遠くなり、
叫ぶことすらできなくなった僕は、ぐったりと海の中で力尽きたのでした。

・・・

そんなわけで。
悪夢感を高めるべく、意識的にメタリックなアレンジを目指してみたのですが、
2匹の貝を演じるボーカル二人のユーモア溢れる歌唱もあり、
思ったより聴きやすい曲になった気がしています。

録音に関しては、楽器隊全員がヒィヒィ言ってましたね・・・。
ウラ拍重視のややこしいフレーズのユニゾンあり、ポリリズムあり、唐突な転調あり・・・。
「ちょっと凝り過ぎたかなぁ」と反省したりもしましたが、
無事に仕上がってホッと一息。

「メタリックなGENESIS」を意識していたのですが、
なんだかんだで「コミカルなDREAM THEATER」になったような。
まぁ、楽器隊全員、昔からDREAM THEATERをよく聴いていたので、
当然の成り行きではあります。

こだわった部分の話をすると、「ちくっちくっ」の部分のパンニング。
物語の展開に合わせて、ボーカルの左右配置を変えていたりします。
終盤、勝敗が分からなくなる箇所では、
ヘイシロとヘイクロが左右に行ったり来たり。
ぜひヘッドフォンで聴いてみてください。

あと、この曲では、珍しくボコーダー(シンセを声のように鳴らすやつ)を使っています。
2匹の貝を主役として際立たせたかったので、
「海に落ちた一人の男」は、思い切って人間味を消してしまおうと。
鍵盤を押さえながらマイクに向かってブツブツと「ぎゃあっぎゃあっ」とか喋っている時は、
ちょっと変なテンションになりました。

おやおや?

ひつじA:りょう :
Category: にっき

>みうみう

「理解してからCD聴くと」って、ちょっとちょっと(笑)大部分はレコーディング前に説明したと思うのだが(笑)

ほうほう(・_・)

ひつじG:みうみう :
Category: にっき

最近なかなか眠れなくてひつじを数える睡眠導入アプリに頼りまくってるひつじGことみうみうです。
こうして細かい解説を理解してから改めてCDを聞くと、楽曲のまた違った側面が見えてきたりしておもしろかったりしますね(・◇・)/~~~

イラストのお話 4曲目 5曲目

ひつじB:くうかんきんぎょ :
Category: おんがく

ひつじAさんの音楽解説が進んでいましたので、 こちらも四曲目、五曲目のイラストのお話を・・・。

「むらさきのみず」

この曲の初期ワードは

・迷子

・4階にたどり着けない

・階段 でした。

 

絵のイメージは個人的にかなり気に入っています。

かいだん、こうえん、むらさきのみずはのぼっていく、さかさま、など 自分の詰め込みたいものは入ったかな。と。

 

「夢の話なので、整合性は特に考える必要はない。」 そんなことをひつじAさんとお話していたのを覚えています。

 

階段の色が緑なのは、紫の補色からのチョイスです。 主だったこの2つの色が「不安さ」を表しているつもりです。

調子に乗ってブックレット内の曲目もさかさまにしてしまいました。

 

「キノコがはえたら」

この曲の初期ワードは

・ひきこもりのおんなのこ

・キノコ

でした。

 

前奏のアンニュイな感じから、

眠っているのか起きているのか。何を考えているのかわからない。血色の悪い。

何かが歪んでしまった女の子を描こうと思いました。

 

食べるという行為があるので、フォークを これまた握っているというには見えないように描きました。

ナイフも描くつもりだったのですが、バランス的にやめました。

 

実は彩色の過程でキノコには模様がありました。 でも、その模様は曲を聴いた人が想像したほうが面白いかな、と思い、

あえてイメージを無くし、シルエットのみとしました。

 

にしても、私には萌え系のかわいい女の子は描けないことを再発見(笑)

へぇ~( -_-)

ひつじE:ゆう :
Category: にっき

きのこがはえたら
って、そういう曲だったんだね~( >_<)

多分、メンバー3人がそう思ってます(笑)

ね?みうみう、とよでぃ♪

ひつじAによる全曲解説:第5回「キノコがはえたら」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

今回の解説は、「キノコがはえたら」。
寒くて乾燥した冬にうってつけの、
じめじめとモイスチャー度の高い1曲です。

■キノコがはえたら

メタル要素の少ない、ちょっと浮いた感じの曲ですが、
実はこれ、10曲のうちで最も古く、
「夢を歌にする」というアイディアを形にしてみた最初の曲だったりします。

これができた当時は、ロックバンド形式でやる予定は無く、
ちょっとしたお遊び企画のつもりだったんですね。
で、ひつじD:きょうせい君に試しに聴かせてみたところ、妙に気に入ってくれまして。
そこから色々と盛り上がり、バンドメンバーを集めてアルバムを作ろう、
という計画がどんどん現実化していったのでした。
そういう意味で、ぱっちりひつじ結成のきっかけとなった曲と言って良いかもしれません。

元になっている夢は、
部屋の中に少女が一人で引きこもっていて、
その部屋の中で育つ、1本のキノコの成長を楽しみに待っているというもの。
夢を見ている「僕」はその場には登場せず、第3者的にその様子を見守っています。

その少女はとても孤独で、
育っていくキノコに対して強い愛着を持ち、
やがてはそれを食べることでキノコと同化し、
自分が生まれ変わるのだと考えていました。

すくすくと育っていくキノコ。
ところがある日、大量のキノコが、一斉に、そして急激に生え始めます。
少女が気付かぬうちにキノコの胞子は部屋中に充満しており、
それが一斉に育ち始めたのでした。
みるみるうちに部屋の中はキノコで埋め尽くされ、
少女は叫び声を上げながら、慌てて部屋の外へ逃げ出します。

・・・

とまぁ、こんな怪しい内容の夢ですが、
「引きこもりの少女がようやく外界へ出て行く物語」として捉えることもできるなぁと思い、
あまり気持ちの悪い曲にならないように心がけました。

大量のキノコが生えてくるシーンでは、
ひつじE:ゆうに、キノコの胞子役をやってもらいました。
変幻自在の声で、胞子の音を出してもらっていますが、
これも、なるべくかわいい感じで演じてもらってます。

また、デモの段階では全体的にもっと淡々としていたのですが、
エフェクティブなベース、ギターによる効果音の数々、ドラムの多重録音など、
各メンバーによる様々なアイディアが組み合わさり、今の形になりました。
そういう意味で、非常にバンドらしい作り方ができたなぁと思っています。

終盤のマーチ風のスネアがゆっくり左右に移動するのは、
ひつじD発案による、某プログレ名曲へのオマージュ。
アルマジロ、平清盛と言えばきっと伝わるかと。

最後に、アートワークについて。
ひつじB:くうかんきんぎょの作品としては、かなり珍しい感じだと思います。
なにしろ、常日頃「人物を描くのが苦手だ」と語っているのに、女の子を描いているという。
ミーティングの折には、アイディアという名の妄想が膨らみ、
色々とヤバイ話で盛り上がりましたが、
あえてここでは紹介しません(笑)