ぱっちりひつじ

げんじつにっき

余談ですが

ひつじE:ゆう :
Category: にっき

ヘイシロガイとヘイクロガイ
のシロとクロのボーカルを分ける時に、満場一致の一瞬で
ちさる「シロ」 ゆう「クロ」
決定されました( -_-)
まぁ… そうなりますよね(笑)

ひつじAによる全曲解説:第6回「ヘイシロガイとヘイクロガイ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

さてさて、楽曲解説コーナーもいよいよ後半戦へ。
ここからは毎週更新で行きます!
今回は「ヘイシロガイとヘイクロガイ」。

■ヘイシロガイとヘイクロガイ

作曲、レコーディング共に、かなりの難産だったこの曲。
演劇チックでコミカルな雰囲気もありますが、悪夢を元にしています。
ヘイシロガイとヘイクロガイという2匹の貝にもみくちゃにされる、
「海に落ちた一人の男」とは、僕のことです。

噛み付くことで腕の細胞が膨張させ、肉を細長く伸ばすヘイシロガイ。
逆に、腕の細胞が陥没させ、ぽっかりと穴を開けてしまうヘイクロガイ。
2匹は互いに敵対する関係で、
自分の力を誇示するために、海に落ちた獲物に何度も噛み付き、
やがては獲物を死に至らしめます。

そんな彼らの格好の餌食になってしまった僕。
腕の肉は伸び、そして穴が開き、
痛みに耐えながら必死で抵抗するも、やがて意識は遠くなり、
叫ぶことすらできなくなった僕は、ぐったりと海の中で力尽きたのでした。

・・・

そんなわけで。
悪夢感を高めるべく、意識的にメタリックなアレンジを目指してみたのですが、
2匹の貝を演じるボーカル二人のユーモア溢れる歌唱もあり、
思ったより聴きやすい曲になった気がしています。

録音に関しては、楽器隊全員がヒィヒィ言ってましたね・・・。
ウラ拍重視のややこしいフレーズのユニゾンあり、ポリリズムあり、唐突な転調あり・・・。
「ちょっと凝り過ぎたかなぁ」と反省したりもしましたが、
無事に仕上がってホッと一息。

「メタリックなGENESIS」を意識していたのですが、
なんだかんだで「コミカルなDREAM THEATER」になったような。
まぁ、楽器隊全員、昔からDREAM THEATERをよく聴いていたので、
当然の成り行きではあります。

こだわった部分の話をすると、「ちくっちくっ」の部分のパンニング。
物語の展開に合わせて、ボーカルの左右配置を変えていたりします。
終盤、勝敗が分からなくなる箇所では、
ヘイシロとヘイクロが左右に行ったり来たり。
ぜひヘッドフォンで聴いてみてください。

あと、この曲では、珍しくボコーダー(シンセを声のように鳴らすやつ)を使っています。
2匹の貝を主役として際立たせたかったので、
「海に落ちた一人の男」は、思い切って人間味を消してしまおうと。
鍵盤を押さえながらマイクに向かってブツブツと「ぎゃあっぎゃあっ」とか喋っている時は、
ちょっと変なテンションになりました。

おやおや?

ひつじA:りょう :
Category: にっき

>みうみう

「理解してからCD聴くと」って、ちょっとちょっと(笑)大部分はレコーディング前に説明したと思うのだが(笑)