ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第15回「ドSピエロのボブ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

続いては4曲目、シングルカットとして以前から発表していた「ドSピエロのボブ」です。


■どんな夢?

とある住宅街の一角にある、とある公園。
子供から大人まで沢山の人で賑わうその公園に、
ある時期から、一人の不審な人物が現れるようになりました。

彼の名はボブ。
白塗りの顔にシルクハットを被り、ムチを持った、年齢不詳の人物です。

ムチを振り回しながら無差別に襲い掛かってくる彼は、人々を恐怖に陥れました。
ですが、それもつかの間。
まもなく、彼は笑いの対象になってしまいました。

なぜなら、彼の攻撃は、絶対に相手に当たらないのです。
わざと当たろうとしてもスルンとすり抜けてしまうくらい、本当に当たりません。

なぜ当たらないのか。
実は彼、ドSピエロの家系に生まれながらも、人を傷つけるのが大嫌いだったのです。
そのため、無意識のうちに攻撃を手加減して、ムチが当たらないようにしていたのでした。
生い立ちゆえの使命感を持ちながらも、自らの優しさゆえに全力を出せないボブ。

ですが、人々はそのことを知りません。
ただただ彼をバカにし、からかい続けます。

・・・そして。

彼はとうとう、ムチを振ることもできず、家に帰ることもできず、
公園の片隅でしょんぼりと座っているばかりの存在になってしまったのでした。


■どんな曲?

この夢を見た直後、「ドSピエロの家系」ってなんじゃい(笑)と苦笑しながらも、
イメージがどんどん膨らんでしまい、
起床後、30分とかからずに歌詞もメロディも完成しました。

攻撃を外したときの、「おっとっとっと・・・」と片足立ちでよろめくボブ。
その姿がまるでタンゴを踊っているような感じだったので、アレンジ面でもタンゴを強く意識しています。
展開のはっきりした歌謡曲っぽい出来になったので、
これはシングルとして最初に世に出そう!とすぐに決断したのを今でも覚えています。

その決断は間違っていなかったと思いますが、
まさか、肝心のアルバムが出るまで数年かかるとは・・・。
これは完全に誤算でありました、すみません。


■そのほかのエピソード

アルバムバージョンでは、ボブの妄想パートをより具体的に表現すべく、
恥ずかしいポエムを追加収録しています。
その他、ミックスのやり直しや、キーボードのフレーズを部分的に削除するなど、
いろいろ変更をかけています。

シングルバージョン、アルバムバージョン、それぞれの良さがあり、
どちらが優れているわけでもないと思っていますので、
両者の違いを楽しんで頂けたら嬉しいです。

特に、シングルバージョンのブックレットには、
アルバムには載っていないイケメンversionのボブのイラストもあります。
イケメン好きの皆様は要チェック!