ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第17回「たいようのさいご 〜その2〜」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

続いては6曲目、こちらも見開きドドーン。
ぱっちりひつじ初となる歌の無いインストゥルメンタルナンバー、
「たいようのさいご 〜その2〜」です。


■どんな夢?

太陽が爆発する夢のパターンのうち、
・爆発した太陽を客観的に眺めている
を表現したのがこの曲。

真っ白に燃え尽き、動かなくなった太陽。
そのまわりに、ぼんやりした何かがたくさん集まり、
かわるがわる弔いの言葉を投げかけていきます。
中には激しく泣きじゃくっている者も。

その様子を遠くから見つめていた僕。
「あ、これは太陽のお葬式なんだ」と気付き、
式に参列しようとするのですが…

一瞬でお葬式の風景は消え去り、
同時に、この夢は終わってしまいました。


■どんな曲?

全体的に音の無い、静寂に満ちた夢だったこと、
組曲の中間パートであること、
そして、アルバムのど真ん中(6曲目)であることをふまえ、
歌パート無しの特殊な曲に仕上げました。

「葬送行進曲をロックでやったらどうなるだろう」という方針のもと、
僕の大好きなSENTENCED(今は解散しちゃったフィンランドのゴシック・メタルバンド)
の影響も出しながら作っていたら、
最終的にはゲイリー・ムーアみたいになりました。
不思議。

個人的に気に入っているのは、2パート目のオルガンのメロディ。
3パート目に入ってもそのまま継続できるよう、
ギターの対旋律になるようにしてあります。
熱いギターメロの後ろに注目して頂くと、
オルガンもメロを弾き続けているのが聴こえると思います。

あと、この曲のメロディは…ごにょごにょ。
…続きは「その3」の解説にて。


■そのほかのエピソード

弔いのセリフは、みんなで飲んだ時に、
酔った勢いでハンディレコーダーで録りました(笑)。

ひときわ目立つ「えーん えーん」という声は、
ひつじG:みうみう です。
エモーショナルなリードギターといい、良い仕事しますねぇ。