ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第20回「ついらくせんようマシン」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

今回は、ザクザクのギターが暴れまわるヘヴィメタルチューン「ついらくせんようマシン」についての解説です。
(ヘッドバンギングしながら書いています)


■どんな夢?

墜落することを目的とした、赤い戦闘機。
それが、夢の中での僕の姿でした。

目的はひとつ。
墜落して、パイロットの命を絶つことです。
戦闘機の仲間は他にも沢山いて、
中には数十人のパイロットの命を葬った歴戦の猛者などもいます。

しかし僕は落ちこぼれ。
何度も墜落を試みるものの、まったく成果を上げられずにいました。

このままではいけない。
入念に準備をし、満タンだったオイルも半分に減らしておきます。
さあ、今夜こそ、我が主(=パイロット)の命を絶たせてみせようぞ!

意気揚々と飛び立つと、なかなか良い感じ。
我が主のご機嫌も上々で、ちゃんと連携もとれている。
飛んでいるうちに段々と気持ちも良くなってきて、
制御回路もぶっ壊れてきて、いよいよ墜落だ!!ひゃっはーー!!!

と、その時。

我が主は何を思ったか、ピピピっとパネルを操作し、
異常を起こした部分をすべて修復したうえ、
おどろくほどの素早さでハッチを開け、
バビューン!と脱出して、どこかへ行ってしまったじゃありませんか。

何が起こったか分からず、ただ茫然と飛び続ける僕。
空っぽの操縦席が、とても寂しい感じ。

またしてもミッションをこなせなかった僕は、失意の中、
砂漠に向かって一人で墜落していきます。
最後くらいは、せめて戦闘機としてカッコよく墜落しようと心に決めながら。


・・・と、ここで覚醒。


■どんな曲?

歌詞とメロディが出来た時点で、
「これは、男っぽい本物のヘヴィメタルにしてやる!」と思っていました。

メインボーカルをひつじE:ゆう に一任し、
ひつじG:みうみう にメインのギターリフを考えてもらう。
キーボードは必要最低限のフレーズだけを弾いて、裏方に回る。

普段のぱっちりひつじのやり方とは全く違うアプローチを試みたところ、
狙った通りの効果が出せました。

とはいえ、やはり物語的な展開も大事ですし、
効果音なんかもけっこう頑張りました。
(一人で取り残されたシーンでの、飛行音とか)

MEGADETHやIRON MAIDENへの敬意を払いながらも、
結果的には、我々らしい曲に仕上がったのではないかと自負しています。

あと、歌詞について。
いろいろな深読みができるかとは思いますが、
あまり重く捉えないでもらえたらと。
なぜこのような夢を見たのかという点で、自分で思い当たる節もあるのですが・・・。
こうやって歌にできたことで、解消されていますので。


■そのほかのエピソード

この曲、メンバーみんなの熱がかなり高まっていたこともあり、
何回も録り直しを行っています。
「ねぇ、もっかい録っていい・・・?」
「うん、もう編集もミックスも進めちゃってるけど、いいよ、録ろ!」
みたいな。

他にも、
「ここのリフ、どうしようか?」とか、
「ボーカルの処理、こんなんで良い?」とか、
「イラストの構図、どうしようか?」とか、
みんなで楽しく相談しながら作りましたね。

結果、作曲時のデモとは全く違う仕上がりになり、とても満足しています。

あるじがピピピっとパネルを操作する時の音、実はキーボードで手弾きしてるんですが、
そんな細かいこと、もう、どうだって良いです。

バンドって良いですね☆