ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第21回「かえってきたナナシザメ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

ゆめにっき2の楽曲解説もついに終わり間際。
ラスト1個前を飾るのは、「ナナシザメ」の締めとなる曲です。


■どんな夢?

「ナナシザメ」の夢には、実は続きがありまして。

元の海に戻りたいと願っていた僕は、
気が付くと、不思議な空間にいました。

驚くほど真っ白で静かで、それでいて温かい空気に包まれているような感覚。
あたりを満たすのは水ではないけれど、不思議と呼吸も出来るし、
自由に泳ぐこともできます。

「おそらく自分は死んでしまったのだろうな」と思いながら泳ぎまわっていると、
遠くのほうに、見覚えのある影がたくさん見えました。
昔、自分のことを怖がっていた、魚やカメたち。
彼らはなぜか、ニコニコと笑いながら僕のほうを見ています。

さらに泳いでいくと、大きな2つの影が見えました。
ああ、懐かしい、誰だろう。
自分と全く同じ形をした2つの影は、そんな僕にやさしく語りかけてきました。

「おかえり」
「おかえり」

すると、あたりの真っ白な空間はだんだんと美しい青に変わってゆき、
水面を通してキラキラと輝く、まぶしい太陽の光が差し込んで・・・


・・・ここで覚醒。


■どんな曲?

最後に語りかけてきたのは、おそらく、サメ君の両親だったと思います。
長い旅を経て、彼は再び海に戻れたのか、あるいは戻れなかったのか。

夢をみた本人にもわかりませんが、
「戻れていたら良いな」という思いを込めて、
優しく温かいふんわりした楽曲として、本編から切り離しました。

リズム隊のいない、シンセとアコギと歌だけで構成されたこの曲。
ひつじG:みうみう による美しいギターの旋律は、
歌詞以上にストーリーを物語っていると自負しています。

ボーカルはひつじC:ちさる だけに聞こえますが、
よくよく聴いて頂くと、ひつじE:ゆう のウィスパーボイスが重なっているのが分かると思います。
これは、新しい世界へ泳いでいくサメ君の魂が古い体から離れていくようなイメージです。
ちょっと違いますが、幽体離脱みたいな感じ。


■そのほかのエピソード

実は本アルバムには、「終わりから始まりにつながる」という隠しテーマがあります。
この曲の歌詞の内容自体もそうですが、
単独曲として切り離したうえ、この場所に配置していることにも意図があったりします。

詳しくは次回の解説にて。