ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第27回「ほんじつのニュース」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

さて、過去のシングル盤収録曲を解説していく試みも、
ようやくこれで完了です。
最後となるのは、混沌とした即興プレイを中心とした異色作、
「ほんじつのニュース」です。

ふざけた曲のようでいて、
実は社会派というか、ちょっとマジメな曲だったり。


■どんな夢?

夢の中の僕は、朝のニュースを見ていました。
すると、やる気のない声で、
アナウンサーが喋り始めました。

では最初のニュースです。
本日未明、○○競馬場の競争馬すべてに、
太い眉毛が落書きされるという事件が発生しました。
馬達は皆一様にレースへの意欲をなくしており、
困り果てた騎手たちが暴動を起こすなど、
事態は深刻な状況へと向かっています。
競馬場の責任者は、
「まことに遺憾だ、いたずらをするなら目を二重まぶたにする等、
他にいくらでもあったろうに」とのコメントを残しています。



続いて、次のニュースです。
東京都○○市は、来月からゴミ捨て場のダストボックスを
すべてブタの貯金箱に置き換えることを正式に発表しました。
新しく採用されるのは、ダストボックスとほぼ同じ大きさの陶器製の貯金箱で、
非常に愛くるしい姿をしているのが特徴です。
現在、一部地域では試験的に運用が行われていますが、
ゴミ収集車が誤って割ってしまったりと、
住民からは苦情の声が相次いでいるようです。



…なんだこれ?
なんてしょーもないニュースだ!
世も末だわーーー。


…と、ここで覚醒。


■どんな曲?

しょーもないニュースが流れてくるだけの夢。
目が覚めた時には、思わず苦笑しました。

しかし。
我々が日常的に目にするニュースも、ある意味、
しょーもないものが多いのではないかと。
凄惨な事件、先の見えない社会情勢、などなど、
思わず溜息をつきたくなるという意味では、
夢でみた2つのニュースと、そう大差ないな、
なんてことを思ったのです。

というわけで、この曲では、
混沌とした現実社会を皮肉ってみました。

セリフの部分を、実際の辛いニュースに置き換えたとしても、
サビの歌詞、曲調ともに成立してしまうような作りにしています。

ひたすらマイナーコードばかりで作られた進行、
ノイズの波に支配されたまま、こと切れるように終わるエンディング。

はてさて、僕らの明日はどこへ行くのでしょうか。


■そのほかのエピソード

・セリフ部分について

キャスターを務めるのは、
ひつじC:ちさる、ひつじE:ゆう。
AD役は、わたくしひつじA:りょう。

演技については完全なアドリブで、
「俺、トイレ行ってくるわー」
「私ももういいです…」
「CMっ!」あたりのハプニングも、すべてアドリブ。

3人で1本のマイクの前に立ち、
その場のノリで一発録りしたのですが、
実に楽しかったです。


・エレクトロニクスについて

この曲の即興部分では、
いろいろな電子音が鳴ります。

シンセサイザーやスマホアプリも使っていますが、
なんといっても明和電機さんの「オタマトーンDX」が大活躍。

電源ON/OFFをしまくったり、スイッチをガチャガチャしたり、
思いつく限りの無茶な奏法で、いじめ倒しました。

ごめんね、オタマトーン。


ひつじAによる全曲解説:第26回「あこがれのル・ソホラ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

続いて、シングル「ドSピエロのボブ」に収録された、
古臭くて怪しいテイストを持った曲です。

試聴動画はコチラ↓
https://youtu.be/SdCr8tS8nxg



■どんな夢?

舞台は、ネオンの光がゆらめく歓楽街。
その一角、薄暗い路地に、僕は居ました。

道には薄汚れた洗濯物が大量に散らばっています。
その道を進もうとしても、うまく歩けず、
まともに立っていることすら出来ません。
あたりに充満する異臭、
それが自分の体に染みつき、思わず吐きそうになります。

しかし、そんな道を進むことになろうとも、
僕には行ってみたいお店があったのです。
それは、魔女が経営しているという噂の、
「ル・ソホラ」。
いわゆる「オトナのお店」らしいのですが、
子供の僕にはよくわかりません。

匂いに顔をしかめながら緩い坂道を進んでいくと、
自分の体に異変が起こりました。
物凄い勢いで、全身がもじゃもじゃの毛で覆われていきます。
その勢いに衣服もはじけ飛び、
あっという間に僕はゴリラの姿に変貌していました。

でも、気にしません。
そのまま坂道を駆け上がり、
ついに「ル・ソホラ」に到着しました。

期待と共に店のドアを開けると…。

中は真っ暗で、人の気配が全くしません。
どうやら、すでにお店はつぶれており、
すっかり廃墟と化していたようなのです。

ショックのあまり、
野太い声をあげて泣き叫ぶ、ゴリラの姿の僕。

すると、ガチャリと音を立てて、
女の人が店内に入ってきました。
魔女だ!
魔女のママが帰ってきた!

彼女は僕を見て一瞬おどろいた後、
急に、鬼の形相になって怒り始めました。

「アンタ!今までどこほっつき歩いてたの!
アンタがグズグズしてるからお店つぶれちゃったじゃないの!
アンタなんかもうウチのコじゃありません!
このウスノロソホラ!!」



…延々と怒られ続けた後、覚醒。


■どんな曲?

なんとも後味の悪い、正真正銘の悪夢。
でも、魔女のママが放った
「この、ウスノロソホラ!」という罵倒表現があまりに面白くて、
夢を見た後、すぐに曲が出来ました。

意図的に古くさいフレーズを盛り込んでみたり、
雑多で散らかった感じを出すために、
あえてルーズな演奏を心がけてみたり。

リズム隊の粘っこい節回しといい、
ピンクな感じのアートワークといい、
むわっとした感じの「場末」感を出せたかなーと思っています。


■そのほかのエピソード

ふぅ、改めて夢の内容を振り返ってみると、
この曲、自分の母親には聴かせられないなぁ(笑)。

それはさておき。

この曲は、ひつじE:ゆう の変幻自在のボイスパフォーマンスが満載です。
毛むくじゃらになる時の「エッ ホッ エッ ホッ」や、
最後のママの叫び声、
それ以外にも色々な声ネタが盛りだくさん。

新作のゆめにっき2でも、一人で5キャラぶんを演じ分けたりしているのですが、
そんな役柄が定着したのは、この曲からのような気がします。
いやあ、大変そうですねぇ。

やれと言ったのは僕ですけど。(←ひどい)


ひつじAによる全曲解説:第25回「にくきゅうとかいてレイコとよむ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

今回は、シングル「ドSピエロのボブ」に収録された、
ぱっちりひつじ史上、最も短い曲です。


■どんな夢?

夢の中で、
とあるお告げが聞こえてきました。
威厳のある、神々しい声です。

そのお告げとは。

「肉球と書いて、レイコ(礼子)と読む。」

まったくもって意味不明ですが、そのとてつもない説得力に、
僕はただ圧倒され、
思わず声を発していました。

「押忍!」


…と、ここで覚醒。


■どんな曲?

意味不明なお告げに、ただ納得し、
心の中で「押忍!」と納得するだけの夢。

その納得した感じを、
たった1音のキメに全力で込めた曲です。

ヘヴィメタルをお好きな方はピンときたかもしれませんが、
これ、ナパームデスというバンドの、
とある有名な曲のパロディになっています。

ただ、それだけではありません。

僕の好きなジョン・ゾーンという前衛音楽家が、
むかーし、Naked Cityというバンドで、
これのパロディっぽいことをやっていまして。
この曲では、それをさらにパロってみました。
パロディをさらにパロディにするという試み。

(注意)
元ネタは、検索すると見つかるかもしれませんが、
なかなかにエゲツナイ曲であるうえ、ショッキングな画像も多く出ますので、
耐性のある方以外にはオススメしません。
検索する時は自己責任で!


■そのほかのエピソード

10秒にも満たない曲ですが、
アートワークは凝りに凝ってもらいました。
ひつじB:くうかんきんぎょ としては異例の、
コテコテマンガチック&劇画調の団員たちです。
暑苦しい!!

神のお告げの声はひつじC:ちさる、
「押忍!」の部分は、男メンバー全員の声を収録しました。
それに加えて、
ひつじF:とよでぃ の実の息子である、
ひつじf:さくと 君も参加。

よーく耳を澄ませて聴いて頂くと、
かわいいボーイソプラノがうっすら聞こえると思います。


ひつじAによる全曲解説:第24回「シュリーフスロスセヴェセヴェセヴェセヴェランス」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

今回は、ちょうど試聴動画をアップしたばかりのこの曲。

動画はコチラ↓
https://youtu.be/7EFcpUfHlsM

3分くらいの短い曲ですが、
ちょっとした謎解き要素が含まれていたり、
割と色々な実験が出来た曲だったりします。

謎解き要素については後半で詳しく解説していますので、
後ろのほうまで読んで頂けたら嬉しいです。


■どんな夢?

僕の目の前には、一冊の英和辞典がありました。

夢の中の僕に課せられた使命は、
この世で最も長いスペルの英単語を探すことのようです。

パラパラと辞書をめくっていると、
いきなり凄いのを見つけました。

「shriefslothseveseveseveseverance」

…長っ!

労せずして良い候補を見つけたことで嬉しくなり、
そのまま、単語の意味の欄に目をやりました。

そこに書かれていたのは。

【意味】 木綿女(もめんおんな)

はい?
なんだなんだ、木綿女っていったい何なんだ?

使命のことなどすっかり忘れ、
意味を調べるべく、僕は国語辞典を探しはじめました。

しかし、ありません。

どこを探しても、国語辞典がないのです。
絶望しながら延々と探し続ける僕。

うぅ…気になる…
木綿女、気になるよぅ…


・・・と、ここで覚醒。


■イントロとエンディングのフレーズについて

曲の冒頭から炸裂する、
メカニカルでへんてこりんなフレーズ。

実はこれ、
「shriefslothseveseveseveseverance」という綴りを、
音程に置き換えたものなんです。

試聴動画に出てくる、
a=1, z=26
1=A, 2=A#, 3=B, 4=C, 5=C#, …

という文字列。
これが、綴りを音程に置き換える際に用いた法則となります。


・a=1, z=26

アルファベットは全部で26文字。
1文字めの「a」が「1」、26文字めの「z」が「26」だとすると、
「s」は「19」
「h」は「08」
「r」は「18」
という感じで、数字に置き換えていくことができます。


・1=A, 2=A#, 3=B, 4=C, 5=C#, …

多少、音楽の知識が必要になってしまうのですが。
Aは「ラ」、A#は「ラの半音上」、
Bは、さらにその半音上の「シ」を指します。

つまりこれは、数字が1つ増えるたびに、
基点のAの音程(=ラ)から半音ずつ上がっていく、
ということを示しています。


・答え

上記の法則を、
「shriefslothseveseveseveseverance」
というスペルに当てはめてみると…。

以下のような音程が導き出されました。
(音程の横の数字は、オクターブを示しています)

s = 19 → D# 2
h = 08 → E 1
r = 18 → D 2
i = 09 → F 1
e = 05 → C# 1
f = 06 → D 1

s = 19 → D# 2
l = 12 → G# 1
o = 15 → B 2
t = 20 → E 2
h = 08 → E 1

s = 19 → D# 2
e = 05 → C# 1
v = 22 → F# 2
e = 05 → C# 1

s = 19 → D# 2
e = 05 → C# 1
v = 22 → F# 2
e = 05 → C# 1

s = 19 → D# 2
e = 05 → C# 1
v = 22 → F# 2
e = 05 → C# 1

s = 19 → D# 2
e = 05 → C# 1
v = 22 → F# 2
e = 05 → C# 1
r = 18 → D 2
a = 01 → A 1
n = 14 → A# 2
c = 03 → B 1
e = 05 → C# 1

はい、これでフレーズ完成です。

ぜんぜん自分で作曲していません。
すごいですね!

夢で見た単語を変換しただけでフレーズが出来ちゃうなんて、
まるで夢のようですよ。


痛いです~

ひつじE:ゆう :
Category: にっき

交差点で転んじゃいました…
痛いです~(TДT)
「え?こんな所に、モンキチョウ?」って浮かれてたら転びました~…
渋谷の交差点にモンキチョウは貴重ですよね!?
絶対、見たんだもん!!
モンキチョウ、いたんだもん!!

ゆめにっき2って

ひつじE:ゆう :
Category: にっき

新作のアルバムを発表してから、数ヶ月。
今までの過去作品と共に聴き返してみました…
改めて「ゆめにっき2は良いアルバムだ~」と
自画自賛しておりました(笑)
「なんか落ち着いたね!」とか
「前ほど変な曲ないね」なんて言われたりしましたが…
私たち、ぱっちりひつじは
立派な〈大人な子供〉ですので、ご心配無く(笑)
あんまり話すと、リーダーに怒られちゃう(?)ので詳しくは
言えませんが
①リーダーはプログレが好き♪
②リーダーはゲームが好き♪
③リーダーは謎解きが好き♪
なんとなく、察して下さい☆
それじゃ、またね~!