ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第10回「ひつじ」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

皆様、今年はぱっちりひつじを応援して頂きありがとうございました。
おかげで、とても良いスタートを切れたと思っています。
来年も色々計画していますので、今後とも末永くよろしくお願いいたします!

というわけで、最後の曲の解説です。

■ひつじ

○タイトルについて

僕が小学生の頃に見た悪夢を元にしているのですが、
珍しいことに、夢自体にタイトルが付いていたんです。
その時のタイトルが、「ひつじ」。
夢の冒頭、遠くから何か黄色いものが迫ってきたと思ったら、
黄色くて巨大なフォントで、ババーン!と、「ひつじ」と表示されたという。

曲の冒頭部分で、SEがフェイドインした後に、
ばよよ~~~ん!みたいなキメが入り、その後にわざわざ曲名が朗読されますが、
このあたりは、そんなタイトル表示シーンの再現です。

○本編の内容

近所の本屋さんに行くために、僕は自転車をこいでいました。
道の横にある空き地には、包丁葉っぱが風に揺れています。
いつも通りの風景、いつも通りの一日。

すると、道の先のほうに、女の人が立っていることに気が付きました。
黄色い着物を着た優雅な女性ですが、
こちらを向いたまま、身動きひとつせず、突っ立っているのです。
辺りの風景とあまりにかけ離れた、異様な存在感をかもし出していました。

すれ違うのがこわいなぁ・・・と思いながらも、
自転車に乗ったまま、ゆっくり通り過ぎてみる僕。
なんとか無事に通り過ぎたと思ったそのとき・・・

「!?」

強烈な痛みが、突如として僕の体を襲いました。
何が起こったのかわからず、そのまま自転車ごと倒れこみ、
後ろを振り返ると・・・

先ほどの黄色い着物の女性が、般若のような形相で何かを唱えていました。
耳障りな呪文のような音が、辺り一帯に響き渡り、
赤黒い煙のようなものが彼女の全身から立ち昇っています。

声を上げることも出来ず、苦しみもがく僕。
意識が遠くなり、錯乱状態に陥っていく中、
ふと、彼女が唱えている呪文の言葉がはっきり聞こえました。

「ひ~~つ~~じ~~!!!ひ~~つ~~じ~~!!!・・・」





○まとめ

そんなこんなで、怖い夢だったのですが、
微妙にアホな夢でもあったという。

あまりの恐怖にハッと飛び起きたのですが、
後からじわじわ笑いがこみあげてきました。
あ~なるほど、あのタイトルって、そういうことだったのね、と。

ただ、見ている最中は本気で怖かったので、
曲にするにあたっては、ひたすら執拗に怖くしてみました。
早くこの恐怖から開放されたい、しかしなかなか開放されない、みたいな。

演奏については、メンバー全員、全力でやってます。
たぶん相当キツかったんじゃないかと。

鍵盤弾き的には、ピアノをコブシで乱打したり、
シンセのつまみをグリグリしながらイヤなSEを出したり、
割とストレス解消になる1曲だったりしますが。

○仕掛けとか

曲の後半、「くるり ちゅうがえり ああ」の後のサビ。
ここで急に伴奏のリフが変化するのですが、これは適当に変えたのではなく、
今までのリフの音程を、逆さまに弾いています
(符割はそのままで、音程を逆からなぞる感じ)。
天地がひっくりかえるほどの激痛を「ちゅうがえり」と表現しているのですが、
リフの作りもそれに合わせてひっくり返してみました。

あと、この曲のテンポは126。
これは偶然だったのですが、語呂合わせすると「ひつむ=ひつじの夢」みたいな感じでニヤリ。
あと2つ落として124(ひつじ)にしようかなとも思ったのですが、
音楽的な気持ちよさを重視して、それはやめました。

○おまけ

この曲をミックスしている時のこと。
夜中に作業しているときに小腹が減ったので、
近所のコンビニに買い物に行ったのですが・・・。

夜中だというのに、電柱の陰に女性がぬぼーーっと立っているじゃありませんか。
「こ、これはヤバイ・・・」と思って腰が抜けそうでしたが、
勇気を出して、そろりそろりと通り抜けてみたところ・・・

近所のおばちゃんが、
連れている犬のおしっこが終わるのを暇そうに待っていただけでした(笑)