ぱっちりひつじ

げんじつにっき

ひつじAによる全曲解説:第22回「たいようのさいご ~その3~」

ひつじA:りょう :
Category: おんがく,ゆめ

「ゆめにっき2」の最終曲です。
今回は、アルバム全体のコンセプトや仕掛けにも触れながら書いてみようと思います。


■どんな夢?

太陽が爆発する夢をよく見る、というのは今まで書いてきた通りですが、
その中でもひときわ印象的だったのがコレです。

夢の中の僕は、小学生くらいの年齢で、
家族と一緒に過ごしていました。

夕飯のお手伝いも終わり、何気なくテレビをつけると、
やっていたのはニュース番組。
子供である僕にとってニュースは興味がないので、すぐにチャンネルを変えたのですが…。
不思議なことに、どのチャンネルもニュース番組しかやっていません。

さらに不思議なことには、どの番組にもニュースキャスターの姿はなく、
音のない画面に、こんなテロップだけが流れているのでした。
「太陽は、今日、爆発しました」

そのテロップを見ているうちに、僕は状況を理解しました。
太陽が爆発したことで、僕らはみんな死んでしまったんだ。
そして、ここはきっと天国の世界なのだ、と。
部屋の中の何もかもが真っ白なこと、窓の外には広大な宇宙空間が広がっていることからも、
それは明らかでした。

それでも僕は、悲しい気持ちになるどころか、むしろ不思議な安らぎすら感じていました。
宇宙船のような部屋の中で、ニコニコ笑っている家族。
太陽が爆発した理由も、これから自分たちがどこへ向かっていくのかということも、
すべて分かるような気がしていました。

爆発してしまった太陽に祈りを捧げながら、
窓の外の星々を眺め続ける僕。


…と、ここで覚醒。


■どんな曲?

太陽三部作のシメということで、「その1」と「その2」を総括する作りを目指しました。
歌詞だけでなく、メロディやフレーズの部分でも、
以下のような関連性を持たせています。

(1)イントロ&エンディングのフレーズ
→「その2」の裏メロディ(=オルガンパート)を、メジャーキー化したもの

(2)Aメロ後半の、ベースのオブリガード
→「その2」のメインメロディをメジャーキー化したもの

(3)間奏部分、太陽が爆発したことを回想するパート
→「その1」のフレーズやリズムを散りばめながら変奏したもの

(4)曲の最後の時計の音
→「その1」の冒頭と一緒


特に(4)の項目は、アルバム全体の仕掛けにも大きく関わっています。
この部分だけ12曲目としてトラックを分離しているのは、
「11」と「1」の間に「12(=0)」が必要だったからです。


…ここから先は、
ブックレットやCD盤面のデザインを見ながらお読み頂けると幸いです。


■アルバムのコンセプトと仕掛けについて

本作で題材にした夢は、なんらかの「死」が登場するものが多いです。
星が爆発したり、線が滅んだり、飛行機が墜落したり。

しかし、ただ単に暗いアルバムになってしまったり、
死を肯定しているような受け止め方をされてしまうのは本意ではありませんでした。
むしろ、ネガティブなテーマを、ポジティブな気持ちに昇華したかったのです。

そこで、ぐるぐると回り続けるアナログ時計をモチーフにし、
「夜があけたら、また朝がくる」
というテーマのもと、全体の構成を組み立てました。
11曲+1曲を時計の1周に見立てた、循環構造です。
最後の曲が、最初の曲につながる。
何かが終わったとしても、それは何かの始まりかもよ?といった感じです。


ただ、それだけでは面白くない。

そもそも、地球の裏側では、夜は昼だし、昼は夜です。
状況、あるいは意識の持ち方で、物事の定義はコロコロ変わる。
始まりは終わりかもしれないし、終わりは始まりかもしれない。
物事の全ては、真逆のようで、実は同一かもしれない。

その意識を踏まえて、
今作の曲順やデザインには、「シンメトリー構造」を取り入れました。

時計の6時、12時を基点として、
全てが対称性を持った構造になるように設計しています。

01=11
02=10
03=09
04=08
05=07
06=12=00

曲調、テーマ性だけでなく、
ブックレットのページ構成も、このテーマに合わせて作りました。

どこがどう対称性を持っているのか考えながら聴いて頂けたならば、
まさに、作り手冥利に尽きるというものです。
ぜひぜひ、推理してみてください。


■最後に

ブックレットの最終ページには砂時計が描かれていますが、
ここは12時であり0時。
砂時計をくるんとひっくり返せば、
また新しい1時が始まります。

夜が明けたら、また朝は来ます。
哀しいことがあったとしても、楽しいことがまたあるかもしれません。

みんなが希望を持って生きていけますように。

夢は繋がるのです、ぐるぐると。